>

料金体系と探偵の力

料金の見積もりをチェックしよう

探偵社と依頼者の間で一番多いのが金銭トラブルです。
追加でどんどん調査費用が膨らんでいく、最初の値段と全然違うなど、高額な費用を要求されるパターンです。
調査の流れとともに料金の目安が書かれていることが多いですが、ここが不明である探偵社は危険です。たとえ書いてあったとしても、料金相場を調べてみることもお薦めします。不当に高いかあるいは異常に安いか、基準はある程度はかることができます。
できれば、無料見積もりOKと出しているところを探すとよいです。
きちんとした見積もりを出してくれるところですと、必要経費・追加費用についても明瞭に説明しています。その見積もり後に正式な契約書を交わすので、のちのちのトラブルに巻き込まれる可能性はゼロに近くなります。

何を調べてもらうのか?探偵の能力を知る

探偵といっても人ですので、能力に差があることもあるでしょう。できれば「名探偵」に頼んでみたいものです。
探偵社のなかでも、浮気調査専門、人探し専門、盗聴器発見調査、など得意分野がある会社があります。自分の依頼内容にあった探偵社を探すのは鉄則です。規模の大きい探偵社ですと全て行っているところもありますが、依頼内容ごとの調査の流れがどうなっているのかは必ず把握しましょう。
守秘義務のある仕事ですので、実例は会社からは詳しく述べられませんし口コミもあまり期待できませんが、ある程度は調査能力を見ることができます。
それは、社員数や社員紹介、どういった調査機材をもっているかを知ることです。
機材の質は調査能力にかなり影響しますし、専門チームを組めるほどの規模があると問題解決能力は高いといえます。サイトにそれらについての記載があるかもチェックしましょう。


この記事をシェアする